スイカが好きなフリをする

博士課程D2/看護学/障害学/社会学/研究や旅行、日常で思ったことなどを楽しそうに書いてます

入浴のはなしとAmazonについて

私は風呂が好きだ。

スーパー銭湯はいいな。
構えがでかいし休める。飲食店もある。
漫画コーナーもある。サウナと水風呂がある。
露天風呂がある。

銭湯は安い。
もはや入り口と脱衣所が一緒になっている。
「さあ脱いで、さあ入って」の感じ。これもいい。
ドライヤーもコイン式。



下宿先の風呂でよく寝る。
温泉に入ってみてもなかなか浸かっている。




自宅の風呂ではBluetoothを飛ばしてAmazonで買った1500円くらいの防水スピーカーで音楽を聴いている。
ほんとうはラジオを聴きたいがデータ通信料の関係でしていない。
下宿先はインターネット契約をしてないのでWi-Fiがない。
足るを知る、というように十分満足している。
だから風呂が長い。






そしてラジオもいい。
テレビなら見たくなるけど、ラジオなら洗濯物を干していてもいいし料理をしていてもいい。
勝手に情報が入ってくる。
懐かしい音楽が流れたり、新しいアーティストの発掘ができる。
地方局では地方ならではの情報もある。
こんな飲食店がオープンしましたとか、小さい映画館の情報も流れる。




Amazonはいいぞ。安い。
私は電子レンジ、ケトル、布団、掃除機、スニーカーもAmazon注文だ。
メーカーに頼まなくていいのかって思うような髭剃りの充電式電池や替刃も。
本屋に売ってないような本も中古で見つけられるのでかなり使う。




お店で売っているものを見て、
「これってアマゾンで買った方が安いんじゃないか」と思ってしまう。
美味しいものと旅行と本にお金を使いたいとよく思う。