枕干しておいたよ

博士課程D1/看護学/障害学/社会学/看護研究、旅行、思うことなどを楽しそうに綴ります

家の外は危険だ

酒の使い方を少し知ろうとしているかもしれない。私は付き合いならいくらでも飲めるし、楽しそうにお酒を飲む人と一緒になって飲むのは楽しい。

今までに『酒が好きだ』と言う人にたくさん会ってきた。しかし私は酒を飲んで楽しくなる自分が未だに想像できない。私も早く『酒が好きだ』って言えるようになりたい。

ところが最近はリラックスしてお酒が飲めている。よき。冷グラスに大粒氷を入れてキンキンに冷えたチューハイを注ぐ。たまらん。

リラックスして飲めているのはなぜか。2019年4月から借りている住まいの居心地が良すぎるのだ。

今までの住まいを振り返ってみると、家に居る時間は寝る時と風呂に入っている時くらいだった。

その時の私は家に居るのが嫌いで、外に出ては自転車に乗り、本を読んで、スーパー銭湯に行っていた。家に居てできることを、わざわざ外に出て同じことをしている。

それが今ではどうだ。ほとんど家に居る。居心地が良すぎる。今年の夏なんて、読書の夏だった。これから始まる『読書の秋』なんて一体どうなってしまうんだろうな。

外は危険ばっかりなので家から出たくない。ラジオが流れる静かな家でアイスコーヒーを淹れながらずっと本を読んでいたい。

私は冬でもコンビニの100円アイスコーヒーを飲む。ホットだと一気に飲めないのが煩わしいのだ。熱い。熱い思いをするのが嫌だ。言うまでもないが、私は猫舌ではない。

5年くらい前、4ヶ月ほど関西で暮らしていた。そのときに印象に残っている大失敗だったコミュニケーションは、初対面で香川県出身だと申し出た女性に「すごくうどんが好きそうな顔をしてますね☆」と言ってしまったことだ。いまそれを思い出して笑った。そしてほんとにごめんなさい。この場合は、謝ってから笑った方がよかっただろうか。

それから3年後、私は大学院で香川県に行くことになった。今でもうどんは好きですよ。そばの方が好きですけどね。