枕干しておいたよ

博士課程D1/看護学/障害学/社会学/看護研究、旅行、思うことなどを楽しそうに綴ります

ほ癖

普段お世話になっていないパン屋さんに寄る。焼き餅あんぱんが目に入ってそそられる。トングで掴むと、お、重い!『美味しい』が重たい!!お会計をして心地よい重さを右手に家へ戻った。

写真はmy歯型によってクロワッサン型になった焼き餅あんぱん。

f:id:fusimiyuyuyuyu:20190906081304j:plain

しかしこれも量が多かった。美味しいはちょっとが美味しいな。ビールも一口目だけ。うなぎも一口目だけ。回転寿司メニューにあるシャリに乗ったうなぎ位の量がちょうどいい。

付き合いの長い友人から「ほっ↑」癖を指摘される。私は動作を起こす時にその掛け声を出すことが多い。東京で会った友人から、カフェを移動する際に指摘された。「お前まだ『ほ癖』直ってねんかよ(笑)」ほ癖。

『眼鏡を外せば』

これもなかなかいいタイトルだと思った。巨人の肩に乗る、というか。ジブリの肩になる。研究に関して論文執筆や先行研究を調べていたりすると、『巨人の肩に乗る』という考えによく出会った気がする。

レーニングジム講習を受ける。大学のキャンパス内にトレーニングジムがあるのだ。ありそうな気がしていた。

講習を受けて利用可能になる。施設内にボルダリングができるように環境が整っていて驚く。すげぇやりたいんだけど、私は登っても予期せぬ落下をして絶対に眼鏡を折ってしまう。すぐに折れた眼鏡が顔面に突き刺さる。私にはわかる。だから、眼鏡を外して楽しもうと思う。

以前、ほかの講習で一緒だった人とジムの講習日時も同じだった。会ったのは2回目だけど、お互いの事を覚えていた。そしてお互い少し驚く。その人はこの夏、国際学会で発表して西の方に2週間居たように話していたけれど、お土産は買ってきてくれていなかった。どうして。