スイカが好きなフリをする

博士課程D2/看護学/障害学/社会学/研究や旅行、日常で思ったことなどを楽しそうに書いてます

加工した魚をもらった

魚をもらった。嬉しい。うまい。

f:id:fusimiyuyuyuyu:20201024102149j:plain

それに魚の燻製っぽい形状を感じたので、高知か石川のものかと推測していたら話を聞いてみると高知のものだった。そういえば、しばらく高知に行ってないな。香川にいた時もなぜか高知だけは行かなかった。香川から高知って行きにくいんだよな。知らんけど。

愛媛は今治の焼き鳥を食べに行ったし、しまなみ海道の起点としても使った。西条祭にも行った。

徳島は阿波踊りを見に行った。

去年、先輩に「人の片腕くらいある大きさで、藁に包まれた魚」を渡したのを思い出した。石川県で買ってきたものだ。さぞかし嬉しかっただろうな。

そういえば私が大学生の頃、知り合いの誕生日に「民族のクソデカお面」をあげたことがある。街にあった民族ふうのショップで「3000円で買える限りなくでかいやつ」を選んだ。その条件で選んだものは、横20センチ×縦1メートルくらいのクソデカお面だった。初めに受け取った人は、さぞかし嬉しかっただろうな。

そのお面は、初めの受取人から次の誕生日の人に渡されていった。そしてまた次の誕生日の人へ。無限ループお面なのだ。嬉しさが連鎖していく幸福のお面だったのだ。