スイカが好きなフリをする

博士課程D2/看護学/障害学/社会学/研究や旅行、日常で思ったことなどを楽しそうに書いています

ワイ(29)、野鳥に襲撃される

 怖いとか、危ないとか、そういうのを感じる前にやられた。さすがハンターは仕事が早い。それはほんとうに一瞬の出来事で、死角から襲ってくるのだ。

 

 くそびっくりした。わけがわからなかった。食べているベーグルが衝撃とともに手から飛んでいき、私の感情はひどく揺れた。そのときも、そしてそれからしばらくかなり気分が悪かった。

 【襲撃】→→はぁ!?(驚き)→→まじかよ(怒り)→→私の手から血は出てないな(怒り)→→怪我が無くてよかった(怒り)→→帰るときにもうひとつベーグル買お(怒り)→→まずは地面のベーグルを拾ってからだな(怒り)

 

 地面に転がったベーグルをハンターがもう一度狙っているようだ。

f:id:fusimiyuyuyuyu:20210429182305j:plain

襲撃前

f:id:fusimiyuyuyuyu:20210429182448j:plain

襲撃後

f:id:fusimiyuyuyuyu:20210429182841j:plain

 一撃で仕留めろよ。標的を弱らせて捕らえるタイプなのかね君は。たしかにベーグルは私の手から離れて地面で原形をとどめていないけれど、私はまだ弱ってないからな。奴は私の8メートル上くらいを飛んでいる。ちょっと怖いけど腹立つ。ハンターは小鳥じゃなくて、カラスでもなくて、けっこう筋肉質な「鳥」だった。茶色の強そうな奴。

 まじいい加減にしろよ。私はまだ半分しか食べてなかったんだぞ。初めて来たお店で、テイクアウトのベーグル(540円)をハンターに食べられなくされた挙句、それが奴の食事になるのはどうも納得がいかない。まあ弱肉強食の世界だもんね。今回は完全に私の負けだよ。でもな?地面に落ちてもテメェにはやらんからな。地面に散らばったベーグル・チーズ・トマト・ベーコン・目玉焼きを拾って公園を離れました。立つ鳥跡を濁さず、とはよく言ったものです。私が立つ「鳥」になっちゃいました、ってね。くそが。

 

 そんなことがあり、フルーツタイプのベーグルをテイクアウトしながら帰っていると、何年か前に友人がカラスにパンをやられたというSNSの投稿を思い出した。そんなことあるんだな。

布団はバルコニーから落ちるのよ

「あ”あ”っっ!!!」

 

 いやーびっくりしてまじで声が出た。掛け布団(以下、布団)をバルコニーから落としてしまった。どうしよう。下を覗いてみると、幸い、ひとつ下の階のバルコニーに引っかかってくれたみたいだ。長い棒とか使って現在地から布団を回収できないだろうか。いやでもそんなことしたら、今回は(?)自分が落とした布団を回収しているという大義名分を掲げてはいるとはいえ、はたから見れば「なんかそういう趣味の泥棒をしている」ようにしか見えないのだろう。おいおい布団泥棒だぜ。そこらへんの下着泥棒とはスケールが違うぜ。

 まあ冷静に考えて、それは非常によろしくない。それに、はたから見なくても、そんな棒が上から延びてきたらおそろしく気持ちが悪いことくらいは私にも想像はできる。いちいち書く必要もない気がしますけど、私は長い棒なんか持っていませんでしたよ。

 

 布団が落ちたその瞬間に私の声が出ているのですから、「バルコニーに干した布団を布団ばさみに挟んでいたにもかかわらず、強風に煽られて落ちた」のではなく、「バルコニーに布団をかけようとしたら布団を持つ私の手が滑ってしまい(布団と手が滑るはずはないのだが)、あるいは、布団を持つ私の手にあるべき意識が一瞬なくなって、布団が5階のバルコニーから下に落ちたのだ。

 

 というわけで、私の布団は下の階のバルコニーで干されているよ。今日は天気がいいから布団はふかふかになるんじゃないかなぁ。

 

 私が5階に住むようになってからいつも思って気をつけているのだけど、布団は落ちる前からすでにけっこう重いので、布団が5階から落ちて1階の人に当たると大事故になるだろう。こればっかりは、1階の人が「特殊な訓練を受けている人」であっても、大事故になることが免れないはずなのだ。

 

 ほんとうに危ない。すみませんでした。謝ってすむことではないよ。慌てて管理会社に電話するも、タイミングは抜群で、今日はお休みである。世界は私を中心に回っていないことがよくわかる。ふぁー。

 以前、同じマンションの2階(※1)に住んでいた時に上からバスマットが落ちてきて、「いやいやそんなことないやろ」と思っていたのだが、そんなこともありうるのだ。ちなみに、私も布団を落とすまでに布マスクは落としたことがある。布マスクは小さいので、大きな洗濯物に紛れていたことに気づかず、落としてしまったようだった。落ちたことに気づいたのは、洗ったマスクの数に対して干すべき数が合わないので、洗濯槽を探したり衣類に紛れてないか探したうえでバルコニーから下を覗いたら私のらしいマスクが落ちていたのだった。コロナ禍という情勢が情勢なので、なかなか敏感なものであり、違う申し訳なさがあった。管理会社に連絡してお詫びと事情を伝え、その入居者に廃棄をお願いした。

 

 布団が落ちた今日、管理会社が休みだった。そうなるとさらに申し訳ないが直接伝えるしかなく(管理会社が営業する日まで、他者のバルコニーを私の布団で占領するわけにもいかず、マンション入居者様に不思議で不快な思いも最低限にとどめたいので)、パソコンでお詫びと布団を回収したい旨を書いた用紙を作り、下の階の人のポストに投函した。いちおう部屋番号を入力して電話で呼び出してみたら、出てくれたので、慌ててお詫びと事情を説明し、回収させてもらえた。すみませんでした。ありがとうございました。

 

(※1)同じマンションの中で引っ越しをしたのは初めてだった。引っ越しとはいえど、部屋移動の扱いになるらしく、更新料の年月はリセットされませんでした。部屋移動にかかわる荷物の運搬は猫プロに手伝ってもらいました。ありがとうございました。そして猫プロは、3月に大学を卒業しました。おめでとうございました。

  ほかにも、年度末に友人が栄転したりとか、結婚したり、子どもを授かったりなどがあった。かかわった学生が卒業し、働き始めることもあった。周りの人が変わっていく中で、それを受けて変わっていく自分を感じていた。とりあえず29歳は、とてもいい。30歳が楽しみである。

 

 

 

 

 

 

ジュク/ブクロ/六ヒル

 私はいつもiPhoneを使って記事を書いているのだけど、今回はじめてパソコンでブログを書いている。しかも、その場所は我らブロガーの主戦場、スターバックスなのだ。ちなみに今の時刻は18:30くらい。私は18時以降カフェインを避けて(※1)生活を送っているので、コーヒーを飲む気がなく、かといってお菓子一品でスターバックスの席を借りる気にもならず、(夕飯は自宅で食べてきたから満腹なのでお菓子すらも食べたくない)、お金はなるべく使いたくないのでドリップコーヒーの一番安いやつを購入した。

 

 カフェインを摂りたくないのなら、注文するコーヒーにデカフェのカスタマイズをすればいい。それはもっともだ。しかし私は追加でお金を払ってまで飲む気のないコーヒーを飲めるようにする気はない。ドリンクをデカフェにするには追加料金が必要なはずなのだ。

 

 お金を使いたくないのなら、家から出なければいい。それももっともだ。私は今日一日中家にいて、電話を待ったり、電話をかけたり、パソコンをしたりだったので家から出たかったのだ。

 

 記事を書いている場所が場所なので、やはりタイトルも洗練された東京っぽい感じになった。スターバックスはすごい。キレてますね。ジュク(新宿)とブクロ(池袋)については以前から私も知っていたのだけれど、それに関する略語「六ヒル」を先日知って感動した。能町みね子『結婚の奴』を読んでいて見つけたのだ。おそらく、六本木ヒルズのことを指すのだろう。あー早く誰かに六ヒルって言いたい。できれば東京の奴に。私は会話で「六ヒル」を使いこなして、ちょっとできる奴って思われたい。

 

 記事をこの勢いのまま書き進めたいのだが、通路を挟んだ隣の席に「背を向けて座ったちょんまげの男性」が席で魔法陣/練成陣(鋼の錬金術師より)(※2)でも書いてんのかってくらいものすごい速度で肘や手を動かしているので、視界に入って非常に煩わしい。そんなふうに書いていたら、もうそれが出来上がった/うまくできなかったようなので席を片付けて店の外に出ていった。隣の席はコロナ対策に飛沫が散らないように一人用になっているので、喋りまくる人がこないことになっている。ありがたい。だから、席に着いたとしてもだいたいは本を読んだり、スマホ(※3)を触ったり、パソコンをしたりなどする人が座るはずなのだけど、たまにそれとは違う人も座る。

 

 それとは違う人の中で、とくに厄介なのが、席で電話を始める猛者だ。私は喫茶店に行くと頻繁に困っている。私はいつもその人のことは知らないけれど、電話用の声(たぶんワントーン高い)も嫌だし、けっこう、いや、だいぶかなり気持ちが悪い。電話の内容は聞きたくはないのだけど、聞こえてしまう。電話に向けて話す声は人同士が対面で話す声より大きく、高い(気がする)。私はいつも、自分の会話が周りの人に聞こえてしまっていることに恥ずかしくないのだろうか、と思っている。

  5分くらいすると、隣にはおとなしい人が新たに座った。今日はいいことがあるかもしれない。嬉しい。

 

 ここまで書いたあたりで集中が切れた。私は今、紙粘土タイプの耳栓しかしてないんだよな、と思う。今まで私は人の声や物音がする場所に行くと、音楽の流れるイヤホンに、遮音ヘッドマフをして完全に外部の音を遮断してないと過ごすことができなかったのに、今や耳栓だけで過ごしている。耳栓では人の声が聞こえてしまうけれど、それがうまくスルーできるようになった。もちろん今でも耳栓だけでは過ごせないところも多い。ちなみに私の「多い」は、95%だ。うまくスルーできるというか、聞こえなくなってしまったとも言えるんじゃないかな。よくなってんのか、わるくなってんのか。まあでも、さすがスターバックスっす。サードプレイスとはよく言ったものです。

 あと、最近は8時間くらい眠れるようになった。以前の私は、4.5時間以上眠ることができなくて、けっこう困っていた。だから日中眠くなる。これがなかなかやっかいだった。眠れる時間が延びることについては、嬉しく思っている。眠らなければやっていけなくなっているのでは、とも感じている。

 

 そんなふうに書いていると、おとなしい人が席を立って店を出るっぽいムーブを始めた。お、おい、やめておけ。あなたはまだその席にいた方がいい。まあそんな願いもかなうはずがなく。だけど時刻も19:56なので、店全体の客の数もかなり減ってきていた。これはもう私のターンなのでは?人が少なくなってしまえば、スターバックスはもう私の独壇場である。まあ確かに、みんな風呂に入って寝る時間だもんね。そういえばまだコーヒー飲んでないや。もう冷めてしまったんだろうな。ここでは、温かい/冷たいはどうでもいいんですけどね。集中が切れたので、あとはスーパーで何を買って帰ろうかばかり考えている。先日買ったモンブランむちゃうまかったんだよな。もうケーキ買って帰ろうかな。

 

 いつからなのか、お店は20:00閉店になっていた。スタバの人に、はよ出ろって言われました。ほんとうにすみませんでした。秒でパソコンを閉じました。まあもちろんスタバの人はそんなふうには言わなかったけれど、丁寧に退店を促してくれて、優しかったです。

 

 

(※1)香川の大学院(修士課程)にいたとき、23時ごろ指導教員の研究室でコーヒーを出してくれたのを思い出した。そのとき私は断る理由を準備しておらず、さらに状況を考えると余計に断りにくかったので、いただきました。

 夜に関係することでいうと、修士論文提出締め切りの前夜は同期の院生5割が院生室で朝を迎えたことがある。何故かみんな帰らない(帰れない)ので、お祭りみたいだった。もちろん私は同期と仲が良くなかったので、そのお祭りは一人参加なんですけど。だから誰もいない別の院生室にいました。各院生の指導教員も帰っていないみたいで、もちろん私の指導教員も付き合ってくれて、ありがたかった。そこから私が感じていたのは、教員たちの「どこにそんな体力があるのか」というもので、疑問ではなく、恐怖に近かった。「仕事」だけじゃあできねえよ、と思っていた。お祭りには参加しているけれど、私は起きてばっかもいられないので、空き教室を探して一人で仮眠した。暖房が付かなくてすごく寒かったのを覚えている。たぶん12月くらい。まあどれだけつらくても「12時間後の私は風呂に入っているしな」などの魔法を使ったと思う。気分転換に深夜2時ごろ、シャワーを浴びるため家へ帰りました。シャワーを浴びたら、24時間スーパーで焼き芋とヨーグルトを買い、お祭りに戻りました。屋台で買うような焼きそばとか牛串ではないのです。

 

(※2)国家錬金術師は練成陣を書かなくても、両手を合わせたり、指パッチンするだけでいいです。(荒川弘鋼の錬金術師』より)

 

(※3)私は携帯電話のことを「スマホ」とは言わない。先日美容院に行った際、美容師に「ケータイ(携帯電話)を鞄の中に忘れた」と伝えると、意味は汲み取ってもらえたのだが、私はそのあとシャンプーを受けている間ずっと引っかかっていた。「「「もしかして携帯って言い方はおじさんなんじゃないか」」」

iPhoneandroidなどの端末を日常生活で何と呼ぶか聞いてみたら、「スマホ」と言うらしい。だけど、「スマホ番号」とは言わず、「携帯番号」とは言うらしい。時代はハイブリッドである。

 

 

 

 

 

 

 

おでんの屋台がやりたい

おでんの屋台がやりたい。お酒を提供しないタイプの。

そんなの需要がないんじゃないか?と思う人もいるだろうが、ええねん。お酒を飲んだ『雑魚』の相手をするのが嫌なので。あの人たちはうるさいし。私は食べ物以外のサービスは提供する気がないのでね。

お酒を提供しないと利益があがらないんじゃないか?と思う人もいるだろうが、ええねん。必要のないストレスを受けてお金を儲けなくていい。屋台をするなら、自分ひとりでできる/するわけだからね。なんとか食いぶちになればよいかと。誰かに雇われてるんなら、儲けを考えないわけにはいかない場合もあるんだけど。

ーーーーー

先日、LINEをした際に友人を『雑魚が』と罵った。すると後日会ったときに、「その言葉がもはや嬉しかった」と返事があった。おいおい、だいじょうぶか?そういう罵られるのかよいのか?

細かく聞いてみると、その言葉がめずらしかったらしい。たしかに『雑魚』なんて、コミュニケーションでなかなか使わないもんな。そして使われることもないだろう。使うとしても中学生くらいまでだ。いい歳になって、周りに使う人はいなくなってくるだろう。

私はいろんな言葉を使っていきたい。あと、いろんなフリをしていたいと思う。

ーーーーー

おでんの話を続けよう。私はおでんが好きだ。今年の冬に椎茸のヤバさに気づいてから、おでんにも椎茸を入れるようにしている。おでんがうまい。

『屋台がやりたい』というのも、お店を構えて始めるより初期投資が少なくてすみそうだからだ。やめたくなったらやめたい。だけど、やりたくなったらやりたい。初期投資が少ないと、やめやすい気がする。損失は止めてしまったほうがいい。ずるずる引きずっちゃうのは悪いこともある。あと、屋台はいつでもどこでもできる。移動がしたい。ずっと同じ場所にいるのはおもしろくない。おもしろくない、というより、飽きるんだよな。

ーーーーー

先日友人とお金の話をしたときに『損切り』について語ってくれた。確かにコロナウィルスでなにかが大暴落した時期があったんだ。

ーーーーー

京都に住んでいて、一度だけ『ロバのパン』を食べたことがある。四条烏丸のあたりで偶然見かけて、購入した。私はそのとき初めて知ったのだけど、ロバのパンはなかなか歴史があり、どこでやってるかもわからない移動パン屋らしい。

そのときは3つくらい買ったんだけど、どれもおいしかった。去年12月くらいの出来事だったと思う。

ワイ(29)、じゃんけん大会で勝ち残る

私はいままでじゃんけん運のない人生を送ってきたのだが、つい先日、そのじゃんけんで武士(もののふ)たちを退けて芸能人/女優と写真を撮ってもらった。これはすげぇ。まじすげぇよ。いやぁ、近かった。わりとまじで緊張した。写真はどう見ても私とその女性がくっついている。

女優の仕事もたいへんだ。じゃんけんで勝ち残ったやつと写真を撮らなければならない案件があるのだから。

まあ私の他にもじゃんけんに勝って、写真を撮っている人はたくさんいるから、そんなにめずらしいことではないんですけどね。だけど私の中ではすごいことなんだ。勝ち残るのは初めてのことだからね。

同じ場で私の他にも、『初めてじゃんけん大会で勝ち残った』人はいたんだろうか。やっぱりみんな『プロじゃんけん士』だから、いままでに何回も勝ち残ってきてたのかな。

ここでは『もののふ』、言うてますけど、写真を撮ったのはももいろクローバーZのみなさんではないですよ。あのファンの人たちは、『モノノフ』というそうですから。

モノノフのことも、以下に書くウマ娘のことも、難しいことをやってる人たちは知らないんだろう。まあ知らなくても生きていけるんですけどね。

最近、ウマ娘が一部で流行っているらしい。その劇中歌なのかしらないけれど、『うまぴょい伝説』がある。

うまぴょい伝説(YouTubeリンク):https://youtu.be/7z8AcIJngCk

歌の中で、「うまたっち!」という合いの手みたいなのがあった。あれを見て聞いた時は意味が分からなさすぎて吹き出してしまった。ゲームをやったらわかるのかもしれませんけど。私はアプリをダウンロードはしてみたものの、説明が長くて、しかも量が多いのでゲームを続ける気にはなりませんでした。すみませんすぐに削除しました。

そしてもうひとつ、難しいことをしている人たちが知らないであろうことに『沼』という料理がある。炊飯器を使って作るらしい。沼は減量食の名前だ。

私は沼のことを考えて、あと他にもパンを作りたいなどの気持ちがあり、炊飯器を買った。買ってから3ヶ月くらい経ったけれどまだ米しか炊いていない。なにをやってんだろう私。それには炊飯器で炊いた米が思ったよりうまかった、というのもある。ご飯に塩をかけるだけで、うまい。はよパン作れよって感じなんですけど(はよパンツくれよって感じなんですけど)。

人生のうちでやってみたかったことのひとつが、じゃんけん大会で勝ち残ることだった。私はまたひとつ、達成してしまった。嬉しい。

明日から本気出す

今年度はよくやったと思う。ただ、問題起こりすぎな。ちょっと休みたいと思っていたのに、来年度は問題たちを解決するために本気を出さないといけない。やれやれなのです。

そんなわけで、来年度は、

・収入を増やす

→まあこれはなんとかなる気がする。そのために3月はいろいろ準備していたので。発生する問題は、解決するためにあるのです。

私はかなり根に持つタイプです。気がすむまでやります。容赦とか、しないです。

・収入源を増やす(今年度は一時期、最高4つまで増えた)(ありがたい)

→そこに、YouTubeやブログからも収益が出るようにしたいんだけど、なかなかむつかしい。『むつかしい』って言葉を文章で書いてみたかった。

それに関連して、香川に住んでいたころ仲よくしていた人から「君もある日突然、花粉症になるよ」と『呪詛』のように言われていたのだが、それを受けて(?)、私も今月にそれっぽくなった。ただ、花粉症ではない。と思っている。認めてしまったらおしまいなのだ。受けいれてしまえばラクなんですけどね。そうはいかんのですよ。

そんなわけで私はぜんぜん花粉症なんかじゃないんだけど、とりあえず空気清浄機を買ってみた。

3月の私は鼻水が出るし、そしてそれが詰まる。寝ている間に呼吸ができなくなって窒息死するんじゃないかと心配したくらいひどかった。なんか喉まで痛い日もある。さらになぜか眼も痒いので、点眼薬をもらった。めっちゃ効く。何に効いているのかはちょっとよくわかりませんけれど、とりあえず痒くはなくなる。

『呪詛』って言葉を文章で書いてみたかった。書けた。嬉しい。

・論文を書く

おじさんはがんばるよ。作戦を考えたのでね。まあ思う通りにはいかないんですけどね。そこをなんとかするんですよ。私はおじさんなので、できると思っています。

野宿した仲間とベンチ飯

我々は歳をとった。あれからずいぶんと時間が経っていた。

今回は桜を見ながら、というよりは、お金の話や進退の話で盛り上がった。まあいちおう桜は見えていましたよ。夜桜です。

お金の話ができる友人はほんとうにいい。かなり楽しかった。

私は楽しくなると身体をさする癖があるのかもしれない。ぞわぞわして、まじでよかったんだ。

まあ盛り上がったなんて言うてますが、そいつとワイの2人だけしかいないんですけどね。

神戸牛の牛めし(大盛り)¥1560

f:id:fusimiyuyuyuyu:20210328192324j:plain

こういうのがマジで元気出る。うまい。ほんとにありがたい。肉を食べながら、お金のことや、進退のことなど、先を考えた話をした。だけど話をする環境は昔を再現しているんですから、最高なんですわ。

そいつと野宿したのも某駅近くの公園だったんだ。そのときはベンチで寝ようとしたんだけど、寒いし、怖いしで、ひどい思いをした。まあそりゃあそうですわな。もちろんではあるが、そうせざるをえなかったのである。

「積極的野宿」じゃなくて、「消極的野宿」だったんだ。

そして次の日は仲のいい人に挨拶をした。今年度はありがとうございました。会えてよかった。

あれ以来、野宿は一度もしていない。後にも先にもこれっきりにしたいと思っている。あのときはあまりに若すぎた。