スイカが好きなフリをする

博士課程D2/看護学/障害学/社会学/研究や旅行、日常で思ったことなどを楽しそうに書いてます

小松菜ニンニク炒めと近況

さいきんドゥンブリチャレンジを進めていない。たぶんみんな、「ロス」になってるころじゃないかな。ドゥンブリチャレンジ・ロス。

今日は冷凍していたハンバーグを使ってデミグラスソース煮込みハンバーグを作ろうとした。だけど私のミスによって加熱した冷凍ハンバーグがフライパンの中で結合崩壊を起こし、それでも煮込みを強行したため、「そぼろデミグラスシチュー」みたいになった。だから私はそれを蕎麦にかけて食べた。これが思ったよりおいしかった。

生活でドゥンブリを作っていないわけじゃないんだ。いままで通りそれを作っているけれど、記事にできていないだけなんだ。気が向いたころにアップロードを開始する所存である。

所存である、なんて言葉を使ったことがなかった。それにこの使い方があってんのかも自信がない。

たくさんの言葉を使ってみたいと思う。私には使ったことのない言葉が多すぎる。先日ラジオから「理知」って言葉が聞こえてきた。その意味がわからなかったので調べてみたら「知恵」みたいな意味らしい。私には知らない言葉も多すぎる。それに、言葉を知ってもどんな日本語を続ければいいのかわからん。しかし、わからないままにしておく私じゃないんだよな。

そういえば暑い時期が過ぎようとしている。涼しい割合が増えていってる。夏の私の脳内は「あつい」が占めていて、他の難しいことは考えることができなくなっていた。涼しくなっているせいで「あつい」が少なくなり、余計なことまで考えるスペースができてしまっている。これがかなりつらい。

このころ、スーパーで買いたいと思える値段の小松菜を見かけることが増えた。季節が移っているということなのだろうな。小松菜をうどんに入れたり、カレーに入れたり、ニンニクとベーコンで炒めたりしている。どうやっても小松菜はうまい。

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200917151430j:plain

夏なのでブログのタイトルを「スイカが好きなフリをする」にしていた。秋はとくべつ意識するような食べ物はない。冬も、春も。

考えてみたら、私はパクチーが得意じゃなかった。5-7年くらい前から急にパクチーが流行り始めた気がする。

さいきんは足の状態がよくない。ほんとうにおもしろくない。煩わしい。ガーゼで覆ってそれを保護する包帯ネットみたいなのを付けている。わざわざそんな装備をしているのはおもしろくもあるので、「スポーツ選手みたいでカッコいいでしょう」と話すようにしている。聞かれてもいないのに、だ。

強い肉

夜スーパーに行くと「強い肉」が半額になっていた。半額になっても強い肉は強いままなので、いつも私は絶対に買わない。金額=(イコール)戦闘力みたいなもんだからな。

それに、「腐っても鯛」なんて諺を考えた人もいるくらいだ。

「船頭多くして船山に登る」って諺がある。私はいろんな方面から指導をもらっていると、どうにもならなくなる。そのことがわかっているので、善処はしようとしている。私はバランスがなかなかうまく取れないのだ。

「船山 登」って名字と名前の人、いるだろうな。私の狭い世界じゃあ、まだ知り合えてないや。

というわけで、いつもは買わない「半額になっても強い肉」を買った。

わたしゃあ嬉しすぎて、そしてその赤さがうつくしすぎて、焼く前に写真を撮ってしまったよ。

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200912222934j:plain

しかしまあこの土日は作業が捗った。嬉しい。

作業が終わって晩飯を食べてから私はフライパンを買いに行った。いまドゥンブリチャレンジで使っているフライパンでカレーを作ってしまうと、カレーがすべてなくなるまで焼き物ができなくなってしまうのだ。私はものすごくウインナーとかベーコンが焼きたいときがあった。だけどカレーをすべて食べ終わるまでは我慢した。これがけっこうつらかった。だから、小さいフライパンが欲しかったのだ。

ドゥンブリチャレンジで使っているフライパンは出先で時間を潰しているときに600円くらいで買えたものだ。600円で半年間ドゥンブリチャレンジが楽しめたのだからむちゃくちゃコスパがいいんよ。600円で半年遊べるって、かなり強い。

今回買った小さいフライパンは500円だった。大満足である。

耳栓が取れなくなって耳鼻科に行った話をしようか

タイトルにあるのは8月のお盆明け頃にあった事件である。

9月の今まで落ち着いた時間が取れなくて、詳しく書くことができていなかった。なんかあれだね。こういうことは、事件が起きた瞬間に書いてまとめていた方が臨場感のあるものになるし、いろんな描写が書けるね。いま書こうとすると思い出す感じになってしまうし。

まあ今年の8月はいろんなことがあった。わりかし忙しかったと思う。きつかった。そんななか起こった「皮膚科お盆パニック」のことは必ずまとめて書くつもりだ。

あと、新しいことをいくつか始めた。やった方がいいことも、やらなければいけないことも。後者に限っては、始めようとしなくても始めるんですけどね。それをあたかも自発的にやり始めたかのように。

まあ、まじで人生が始まった気がする。

それはさておき。

今回の事件が起きてから、耳栓をつけるのが嫌になったということはない。懲りずに今でも耳栓をつけている。なにか変わったとしたら、耳栓が耳の中で取れなくならないように気をつけているくらいだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「事件当日」

眼が覚める。両耳から耳栓は外れていない。ということは、寝相はあまり悪くなかったのだろう。

私は横になる前に耳栓をつけてから寝る。「寝ること」を「横になる」っていうのおもしろいな。その耳栓は耳の中に入れると、よほどのことがない限り外れないはずなのだけど、眼が覚めたらたまに外れていることがある。もしかすると、私はダイナミックな寝相をしているのだろうか。枕の上で頭を回転させるように寝ているのだろうか。手を使わずに耳の中にある耳栓を外すって相当難しいよ?

でも今朝は外れていないのだから、きっと私は大人しく寝ていたのだろう。とりあえず耳栓を外す。左耳を外して、右耳を外す。が、右耳の耳栓は外す途中に半分が耳の中でちぎれて取れなくなった。

耳の中でちぎれたことを認識する。私はまじで絶望した。

あがいて耳の中から耳栓を除去しようとしても、さらに奥に行ってしまいそうだ。

何年もいろんな耳栓を装着してきたけれど、このようなことは初めてだ。これどうやって取るつもりなん?耳の中で溶かすとか?えっ、怖すぎませんか?さぞかしバイオレンスな施術が私を待っているのだろう。やだな。あーまじでいやだな。

耳鼻科に行ったら対処してくれるのかな。でも怖いから行きたくないな。「耳栓が取れなくなったので、取ってください」ってお願いするのもまあまあ恥ずかしいな。

しかし放っておくのも怖かった。それに常時聞こえにくいのもかなり不便である。右耳だけちゃんと聞こえにくい。埋め込み型耳栓。あほか。

もっとも近くにある耳鼻科を探して電話し、内容を伝えると「とりあえず来てください」とのこと。おなしゃす。

だけどまだ9時過ぎだ。今から耳鼻科に行っても診察中に空腹でつらいことになる。成城石井で買ったワッフルをオーブンで焼き、ヨーグルトといっしょに食べた。成城石井のワッフルまじでうまい。

耳鼻科に着いて受付で「耳栓が取れなくなったので」と伝え、問診票に「耳栓が取れなくなった」と書き、診察で「耳栓が取れなくなりまして」と伝えた。な、なんという辱めなんだ。

耳鼻科すごいのな。ほっそい鉄の筒を耳に入れて、その鉄の筒よりさらに細いピンセットで異物を取ってくれた。そしてその映像を私はリアルタイムで見れるようになっていた。少しおもしろかった。

そして診療明細を見てみたら、「手術代」となっていた。おそらく耳から耳栓を除去したことを指しているのだろう。あれは手術だったのだ。

こうして私の日帰り手術エピソードがひとつ増えたのだった。

茄子小松菜ハンバーグカレー(DC息抜き11)

また見ただけでわかるうまいやつを作ってしまった、、、

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200909145850j:plain

ドゥンブリチャレンジ(DC)概要

https://kamoriv.hatenablog.jp/entry/2020/05/14/210000

釧路を思って[写真14枚]

京都新聞の日曜版?には、子ども新聞みたいなのも付いてくる。私はせっかく購入したのでそれをいつも惰性で読んではいるのだけど、今回ははっきりと目に止まった。

釧路じゃないか!

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183051j:plain

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183108j:plain

写真の通り、こんな感じのところを走って行った。このとき私は釧路駅から摩周湖へ向かっていた。電車に乗っていてものすごくいい感じだったのを覚えている。

車内

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183319j:plain

車窓より

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183407j:plain

釧路湿原を通っていく

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183436j:plain

着いた摩周駅

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183528j:plain

摩周湖きれい

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183607j:plain

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906184515j:plain

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906184544j:plain

900草原という香ばしいところにも行った

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183648j:plain

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183744j:plain

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183811j:plain

夕暮れ釧路湿原

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183841j:plain

釧路駅

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200906183910j:plain

うどん(DC息抜き10)

ナス・ネギ・天かす、それぞれすべてがダクダクのうどんがおいしくないはずないじゃない。

天かすは海老天かすを使っているのですが、それがまあなんともナスと合うのですよ。

そういえば、昼におからをたくさん食べてからお腹の具合がよくない。まことに由々しき事態である。我、乳酸菌を欲す。静まれぃ!我が腸内細菌。

20200905うどん(DC息抜き10)

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200905190011j:plain

ドゥンブリチャレンジ(DC)概要

https://kamoriv.hatenablog.jp/entry/2020/05/14/210000

おからドゥン(DC115)

移動豆腐屋、初めて見た。

ちゃんと「ファー↑↑↑ファー↓↓↓」って音が鳴ってんのな。おから、豆乳プリンと納豆を買った。どれもうますぎた。

今回はそのおからと万願寺唐辛子を使っておから煮を作った。うまい。

20200905おからドゥン(DC115)

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200905115827j:plain

プリン

f:id:fusimiyuyuyuyu:20200905121421j:plain

ドゥンブリチャレンジ(DC)概要

https://kamoriv.hatenablog.jp/entry/2020/05/14/210000